この記事は約 1 分で読めます

 

 

 

標準体重とは、何を差すのでしょう。最近は性別や年齢に関係なく、多くの人が体重を気に掛けてダイエットに励んでいます。

 

大抵の場合は、標準体重と自分の体重を比較することによって、太っているかどうかがわかります。

 

標準体重とは、健康的な体重を示しているものです。この標準体重は、統計データに基づき、健康的な体重とはどのくらいかというデータによるものです。

 

健康増進のためには、標準体重を維持するといいわけです。

 

 

 

一般的に標準体重は年齢や身長、体脂肪率といった要素の全部、あるいは一部から求められるもので、計算の方法もいくつか種類があります。

 

体重(㎏)を(身長(m)×身長(m))で割ることによって、BMIがわかります。とてもシンプルな計算方法です。

 

BMIを計算した結果が22前後であることが、最も望ましいとされています。

 

高血圧や高脂血症、肝障害、高血糖の確率が低いとされる数値であるためです。

 

BMIは身長と体重から割り出すもので、体脂肪率は無関係です。

 

そのため、標準体重を考える場合に、皮下脂肪が多い人と筋肉の割合が高い人とを区別できないという欠点があります。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。