この記事は約 1 分で読めます

 

 

 

むくみなどの影響でも太く見えることがある下半身は、上半身と比べると体を動かすことが少ないといえるでしょう。

 

実際は下半身ダイエットをしている人の中には、自分で思っているほど下半身は太っていない人がとても多いのです。

 

下半身の運動としては、座る、歩く、階段の上り下りくらいでレパートリーも少なく、座っていても寝ていても動かせる上半身の方が、ダイエットの機会がずっと多いわけです。

 

 

 

下半身ダイエットをしたい人は、ふくらはぎや太ももの後ろなどを、特にに気にしているようです。

 

めったに日頃の体の動きでは使わない部分の脂肪が気になる人が多いようです。

 

 

 

下半身のストレッチにはいろいろな方法があります。

 

クッションを使った、室内でできる下半身ストレッチもありますし、サイクリングも下半身のストレッチ効果があるといえます。

 

習慣的にストレッチをすることで筋肉の柔軟性が増加し、むくみや冷えの解消にも血流が良くなることもあるそうです。

 

筋肉を鍛えることもたるみの解消になりますので、下半身ダイエットの一つとしてぜひ取り組んでみてください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

翌日にはもう効果が見えたのですごくビックリしました!
詳しくはこちら
↓ ↓ ↓