この記事は約 4 分で読めます

小顔になる方法

 

 

ここまでの3回の記事で見てきたように顔痩せのための簡単なエクササイズは様々な方法があります。

 

顔全体に及ぶものもあれば、目や鼻といった顔の個々の部位にのみ施すエクササイズもあるわけです。

 

そのためか、この簡単エクササイズのご紹介も今回で4回目となりました。正直なところ、ご紹介している私の方も驚くくらいです。

 

 

 

でも、これだけいろいろな方法をこなすことが、顔痩せを実現してその過程で美しく整った顔にしていく手段でもあります。

だから、これらの記事を読んでいる皆さん、あらためて前向きな気持ちで引き続きお付き合いいただければ幸いです。

 

 

というわけで、今回もいくつかの顔痩せのためのエクササイズをご紹介していきます。

 

もちろん、今回もまた、番号は今までの通し番号で記載していきますので、よろしくお願いします。

 

 

 

エクササイズその13―鼻の形を細くする

 

動画:

 

鼻そのものの形にコンプレックスを抱いている人や、鼻が平べったいという点が気になって仕方がない人にはおススメのエクササイズです。

 

 

やり方の概要としては、小鼻をマッサージすることで鼻の形を細くするという方法です。
つまり、鼻の周りの顔の脂肪をマッサージの力で落とそうというものです。

 

 

まず、目頭を両手の中指で押し、この状態で5秒間キープします。

 

その次に目頭から眉頭に向かってのライン上を中指でさすります。

ポイントは、指の腹で鼻骨を意識しつつ、適切に指圧をかけていくという点です。

 

次に、右手の親指で右側の小鼻を横から押し、円を描くようにして回す動作を10回繰り返します。右側が終われば左側の方も左手の親指で同様に10回押し回します。

 

最後は、片手を顎の下に据えた状態で、斜め45度上を見上げます。もう一方の手は鎖骨に手を当て、胸の方に引っ張りながら首を伸ばします。

 

 

 

エクササイズその14―団子鼻の解消

 

動画:

 

鼻筋が通っていないばかりか、鼻の先端までもが肉厚になってしまっていて、まるで団子のような形状をしている、いわゆる「団子鼻」。

 

その原因は、脂肪やむくみによって鼻に余計な脂肪や肉がついてしまっていることです。
「団子」とつくだけに食べてなんとでもなれば悩みはしないのでしょうけど、残念ながらそうはいきません。

 

 

ご心配なく。団子鼻を解消するエクササイズもちゃんとあります。

 

 

まずは人差し指を軽く曲げ、第二関節を使って鼻先の両脇を軽く叩きます。

 

その次に小鼻の下を人差し指と中指を使って軽く押します。さらにその上の部分も同様に軽く押します。

 

次に、鼻先を挟みつつ、その左右を人差し指と中指を使って、円を描くように優しく回します。

 

 

このエクササイズですが、1つだけ注意点があります。
それは、顔そのものが非常にデリケートであるため、あまり力を込めてやると逆効果だという点です。

 

そのため、団子鼻を解消するには、あせらずじっくりと優しくエクササイズすることがポイントです。

 

 

 

エクササイズその15―二重あごの解消

 

動画:

 

顔のむくみなどが原因であごの部分に脂肪が寄ってくることで形成される二重あご。

 

この二重あごですが、女性だけでなく男性も、そして肥満の人だけでなく痩せている人ですらもできる可能性がある、実に厄介なものです。

 

そのうえ、最近ではパソコンやスマホを使って仕事をしたりする人も多く、前のめりの姿勢ばかりの日々で二重あごができる人も多いようです。

 

 

簡単に言えば、首まで前のめりの姿勢になることによって、あごの部分に老廃物や余計な脂肪分などが集まってきて、結果二重あごができるわけです。

 

そういう点では、二重あごはある意味で現代病の色あいもあるようです。

 

 

 

さて、この二重あごを克服するエクササイズですが、まず保湿クリームなどで手の滑りをよくしたうえで、フェイスライン沿いに親指の腹と人差し指の背で挟んでマッサージをします。この動作を5回から10回行います。
耳の下まで老廃物が流れるようにしっかりと指圧をかけるのがポイントです。

 

次に頬のむくみ取りで、目尻から頬にかけて斜め下の方向にマッサージします。この時の指圧もやや強めで気持ち良さを感じられる程度がちょうどよいです。

 

その次は、小鼻の横から頬骨に沿ってマッサージします。両頬でそれぞれ5回ずつ施します。

 

最後は、顔を上に向けた状態で「い・い・い・い」と発声しながら、口角を広げます。

 

頬やフェイスラインをしっかり伸ばし、また発声の方も10回を2セットやります。
この発声体操はたるみを防止する効果があります。

 

 

このエクササイズは最初から最後までたったの2分でできるため、どんなに忙しくてもほんのちょっと時間をとるだけでできます。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は特に、顔の中でもかなり目立ちやすい団子鼻と二重あごの解消の仕方についても取り上げました。

 

 

いずれも、女性だけでなく男性でも悩んでいる人が多いだけに、おそらく今回のこの記事の内容はそれなりに多くの人にとっては処方箋になるのではないかと考えております。

 

ただ、団子鼻や二重あごについてはエクササイズで克服はできますが、最近の日頃ITを駆使した生活習慣も大きな原因の一つですので、これを機にそういう生活習慣を見直してみるのもありだと思います。

 

少しでも顔痩せしたい皆様のお役に立てたら嬉しいです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

1日5分で憧れのモテ系小顔に!

顔が変わる!可愛くなる!

詳しくはこちら
↓ ↓ ↓