この記事は約 3 分で読めます

食べて痩せる

 

 

最近では糖質制限ダイエットが流行っていますよね。お寿司のご飯さえ大根にするという荒業で、賛否両論あるみたいですね。

 

私は糖質制限には賛成ですが、ご飯も食べたくなってしまいますよね。私がご飯を食べながら痩せられた簡単ダイエット方法は、お粥を食べて痩せる方法です。

 

食べて痩せるためにはカロリーを減らしながら満足することが必要です。

 

ここでは、飽きずに続けられる簡単ダイエットレシピをご紹介していきます。

 

 

1.お粥は低カロリー

 

私はもともとお粥が大好きです。特にお正月に食べる七草粥(我が家ではせりしか入っていない)が好きで、もっと食べたいなと思ってしまいます。

 

お粥は普通のご飯に比べて水分が多いので、かなり水の割合が多い三分粥になるとご飯1杯あたりのカロリーを5/1に抑えることができます。

 

水っぽいご飯は嫌いという人もいるかもしれませんが、私のようにお粥好きな人なら楽しく続けられると思います。

 

 

2.夕ご飯に置き換え

 

3食お粥だと即効性があるのかもしれませんが、それだとすぐに飽きてしまうと思ったので、私は夕ご飯をお粥に置き換えてダイエットしました。

 

朝昼は自由にして、夕ご飯の炭水化物の摂取量を減らす方法です。

 

 

夕食は時間があって食べ過ぎてしまうことが多かったので、夕ご飯をお粥に変えるのは私にとって最適なタイミングでした。

夜に食べるとあとは寝るだけなので脂肪になりやすいですが、これを防ぐことができます。

 

これをだいたい2週間くらい続けたところ、ゆっくり2kgくらい落ちました。

それ以上続けるとあまり効果がなくなるということを聞いていたので、2週間くらいで切り上げました。

 

 

3.基本的なレシピ

 

炊飯器でお粥を作る場合は、ご飯:水=1:2です。入れ粥のの場合のレシピは次の通りです。

三分粥  お米:水=1:20
五分粥  お米:水=1:10
七分粥  お米:水=1:7
全粥   お米:水=1:5

 

全粥はドロッとしていて上澄みがほとんどなく、三分粥は病院で出てくるようなサラサラの水っけが多いお粥になります。

 

私は基本的に三分粥か五分粥を作って食べて痩せました。

 

 

4.たまご粥レシピ

 

しっかり食べたい時に作ってお世話になったのが、たまご粥です。

これだとご飯とタンパク質を一緒に取れるのでバランスが良いです。簡単に作れるのが嬉しいレシピです。

 

◆材料(1人分)

・ご飯     茶碗1杯(150g)
・水      1カップ(200cc)
・卵           1個
・ほんだし        少々

 

◆作り方

①鍋に水1カップとご飯を入れて火にかける
②煮立ったら火を弱めてしばらく煮る
③ご飯が柔らかくなったらほんだしを入れる
④最後に溶き卵を回し入れて混ぜて完成

 

もうちょっと味を加えたいなら、ここに梅干しを入れてみてもいいです。

黄色と赤のコントラストでキレイです。ネギやしらすなどを入れてもバランスが良いですよ。

 

醤油やブラックペッパーなどを入れて味を変えて食べるのもありです。

 

私はブラックペッパーを入れてリゾット感覚で食べることもありました。和風のお粥に飽きた時に重宝します。

 

 

5.飽きずに続けられる

 

このほかにも色々なバリエーションが作れるので、お粥レシピは飽きずに続けられます。

 

野菜などを入れて具沢山にしてもいいですね。その時の体調によってお湯を多めにしてお粥の濃度を変えると、辛くなくお粥ダイエットが続けられます。

 

 

私の場合は「少しがっつり食べたい」という時には五分粥で、「今日はあっさりでもOK」という時には三分粥にして食べました。

その時の体調に合わせると、胃腸の調子も整うので体の調子が良くなりますよ。

 

 

まとめ

 

1.お粥は低カロリー
2.夕ご飯に置き換えるのがベスト
3.基本レシピ
4.たまご粥レシピ
5.飽きずに続けられるのが良い

 

お粥を食べて痩せることを実行した私が感じたのは、以上のようなことです。

特にたまご粥はしっかり食べられるので、おかずの代わりになって便利です。

 

食べて痩せる系の簡単ダイエットの中では、飽きずに続けやすいので、もともとお米好きな私は今もよくお粥のお世話になっています。

 

簡単に作れて低カロリーなのでお米好きの方にぜひお粥ダイエットをおすすめします。

 

少しでも簡単にダイエットしたい皆様のお役に立てたら嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。