この記事は約 5 分で読めます

ダイエット野菜

 

 

簡単ダイエットに野菜は不可欠なものです。

 

ものによっては血糖値の急激な上昇を抑えるものもあれば、代謝を上げてくれるものもあります。

 

 

ただ、野菜も種類があまりにも多すぎて、どの野菜が特にダイエットに効果があるかといえば分らないという人も多いのではないでしょうか。

 

今回は、特にダイエットに効果があり、かつ簡単に効果を引き出せる野菜を3種類ご紹介していきます。

 

 

簡単にダイエットに使える野菜(1)~もやし~

 

動画

 

最初に取り上げるのはもやしです。

 

もやしは食物繊維が豊富であるため、腸内環境を整えて便通を良くします。

つまり、便秘の解消にうってつけな野菜なのです。

また、ビタミンB2が豊富に含まれており、代謝アップにも効果があります。

 

 

基本的に代謝を上げる野菜はビタミン群が豊富なものですが、その中でも、もやしに含まれるビタミンB2は代謝を改善する効果があるのです。

 

 

さて、このもやしを使ったダイエットですが、1日のうちでも夕食時にやるのが効果的といわれています。

というのも、一般的に夕食で摂取したカロリーはほとんど消費されることなく脂肪として蓄積されやすいため、夕食で摂取したカロリーが多いほど肥満になりやすいのです。

 

 

そこで、夕食時のご飯をもやしに置き換えることが、もやしダイエットのミソとなります。

 

ご飯1杯あたりのカロリーが250kcalですが、もやしは100gでもたったの14kcalであるため、ご飯からもやしに置き換えた際のカロリー抑制効果は非常に大きいものになります。

 

 

もやしダイエットですが、気を付けなければいけない点もあります。

 

まず、3食の主食すべてをもやしにしないことです。主食全部をもやしにすると栄養バランスを大きく崩し、体調も悪化しやすくなってしまいます。

 

さらにもやしは日持ちしづらい野菜なので、買いだめには向いていません。

 

 

もやしダイエットでおススメの料理は、もやしを入れた焼きそばや、もやしのカレー炒めなどです。

 

カレー炒めの方は、カレーの香辛料にも代謝アップの効果があるため、もやしと合わせてさらなる代謝促進の効果が期待できます。

 

焼きそばの方は、他の野菜とともに具として料理することで、食物繊維を多く摂取することができます。

 

 

1日わずか15分!7日間で痩せるCD

3日目で効果が実感できる!

聞いて食べてヤセる!ヒプノダイエット7日間プログラム

詳しくはこちら
↓ ↓ ↓

 

 

簡単にダイエットに使える野菜(2)~キャベツ~

 

動画

 

キャベツもまた食物繊維が豊富であるため、ダイエットに効果のある野菜の一種です。

 

1年中入手しやすいうえ、他の野菜に比べても安い値段で売っているのも魅力的です。

栄養価としては、食物繊維が豊富なほか、ビタミンCとカリウムも多く代謝アップに一役買ってくれる野菜でもあるのです。

 

なお、ビタミンCはコラーゲンの生成も促進するため、美容にも効果があります。

 

 

キャベツダイエットの方法ですが、1日に6分の1個のキャベツを5cmほどにざく切りにし、3食の食事の前に生のまま食べるというものです。

 

この時注意するのが、10分かけてよく噛んで味わうことです。

よく噛むことによって満腹中枢を刺激し、食べすぎを防止する働きがあるからです。

キャベツをよく噛むことによる満腹感は1時間から2時間ほど持続するといわれています。

 

ちなみに、細切りや千切りではよく噛むことによる満足感は得にくいので、あくまでもざく切りにしましょう。

 

 

なお、キャベツでダイエットをしている間は、油や糖分、アルコールは極力避けるようにしましょう。その方がキャベツによるダイエットが成功する確率が上がるためです。

 

食後に軽い運動をすれば、なお大きな効果が得られます。

 

 

また、キャベツを使ったダイエットは期間を3ヶ月としましょう。

 

これはダイエット全体にいえることですが、3ヶ月というのはダイエットをやるうえで1つの区切りとなる期間です。

 

3ヶ月より長くても短くても、途中であきらめたり成果が出たりする、ということがあるからです。そういう意味では、3ヶ月はちょうどよい区切りといえるのです。

 

 

 

簡単にダイエットに使える野菜(3)~きゅうり~

 

動画

 

きゅうりもまたダイエットに効果のある野菜といわれています。

 

が、最初に突然このような残念な話をしなければいけないのですが、実はきゅうりは体を冷やしやすい野菜なのです。体を冷やしやすいため代謝の促進の効果は見込めないのです。

 

特に冷え症で代謝の働きの良くない方には不向きな野菜といえます。

 

 

しかし、きゅうりのすごいところは、ホスホリパーゼという成分が多く含まれているという点です。

どこがすごいかというと、ホスホリパーゼは脂肪分解酵素であるため、脂肪をどんどん分解してくれるという点でダイエット効果があります。

 

また、もともとカロリーも1本につき14kcalとたいへん低いため、血糖値が急に上昇する心配はまずありません。

 

 

さらに、便秘解消効果のある食物繊維や、利尿作用のあるカリウム、活性酸素を除去するビタミンAに美容効果のあるビタミンCなどを多く含むため、特に女性にとってはとても助かる野菜といえます。

 

 

食べる量は1日に1~2本。

 

ただし、単に生で食べるだけではなく、すりおろしてはじめてダイエット効果を発揮します。

というのもすりおろすことで、きゅうりの中の細胞膜が壊れて酵素が働きやすくなるためです。
ちなみに加熱すると、酵素の働きが失われるため、あくまでも生の状態で食べましょう。

 

 

 

まとめ

 

ダイエットに効果のある野菜を3種類ご紹介しました。どの野菜もダイエット効果はそれぞれ抜群なものです。

 

しかし、だからといって、その野菜だけ食べていればそれでよいというわけではなく、他の食べ物とバランスよく組み合わせて食べるようにしてください。

 

そうすることではじめてダイエットの効果は最大限に発揮されるのです。

 

 

ダイエットしない食べて痩せる簡単ダイエット!
詳しくはこちら
↓ ↓ ↓