この記事は約 4 分で読めます

 

 

 

ダイエットには食事制限が必ずついてまわる問題です。

 

 

一生懸命に食事を我慢しても痩せない人がいる一方で、いくら食べても太りにくい人もいます。

 

ダイエットに励んでいる人から見たら「うらやましい…」「どうせ体質なんだし…」と言うような恨み節が聞こえてくるようです。

 

 

しかし、太りやすい体質と言われてダイエットに励んでいる方も実は食べ物次第で痩せられる体質になれるのです。
ではそのメカニズムを調べてみましょう。

 

 

 

ダイエットホルモンGLP-1

 

 

GLP-1の働きとして胃から食べ物が小腸に送られるスピードを遅らせる働きがあります。

 

それは、どういうことかというとゆっくりと食事をしているのと同じような仕組みが働きます。
食事をゆっくり取ると血糖値が緩やかに上がり、脳の満腹中枢が刺激されることになります。

 

 

そうなると、少ない内容の食事で満腹感を感じて食事の量を減らすことができるのです。
また、糖分が吸収されるスピードも抑えられて血糖値の上昇を抑えることができます。

 

そのため、GLP-1は糖尿病の治療薬として使われているのです。

 

さらに、食べ物の消化スピードが遅いということはお腹がすくことが少なくなり、無駄な食欲を抑える効果があります。
ダイエットで大変なのは空腹感との戦いですので、この作用が働くのはうらやましいですね。

 

 

そのため、GLP-1が多く分泌される人は運動も食事制限もしないで痩せる体質を維持することができます。
ここまで聞くと、「GLP-1の分泌が多い人は体質なんでしょう、私には関係ない」という方がいらっしゃるかと思います。

 

 

 

実は、アメリカでは肥満改善薬として認知されており、肥満患者に普通に処方される薬です。
もちろんその効果は実証済みです。
残念ながら日本では、あくまでも糖尿病の治療薬なのでGLP-1の薬を処方してもらうことはできません。

 

「ほら、私には関係ない…」

 

 

 

ちょっと待ってくださいね。

確かにGLP-1は肥満だというだけでは処方してくれません。
しかし、このダイエットモルモンと呼ばれているGLP-1は誰にでも分泌することができるのです。

 

 

実は、GLP-1は小腸の最後の方にある部位にGLP-1を分泌する細胞が集中しています。
この細胞が刺激されることによってGLP-1は多く分泌されるのです。

 

つまり小腸の細胞を刺激するようなことをすれば痩せやすい体質になるので、太りやすい体質の人でも簡単にGLP-1を分泌させることで瘦せやすい体質になることができるのです。

 

 

GLP-1の分泌を促すには

 

 

GLP-1は誰にでも分泌させることができます。
ではどのようにして、GLP-1を分泌させることができるのでしょうか?

 

先ほども言いました通り、小腸の細胞を刺激することによりGLP-1を分泌させることができるのでその細胞を刺激するような食べ物を食べればいいのです。

 

ではその食材はどのようなものでしょうか?

 

 

・食物繊維が多く含まれているものを食べる

 

食物繊維を多く含まれているものを食べましょう。
つまり野菜中心の生活をすればいいのです。

 

しかし、葉物野菜では食物繊維はあまり多くはありませんし、すぐに消化されるのでGLP-1を分泌させる細胞に働きかけるのは難しいです。

 

 

一番良いのは消化の悪い食べ物、根菜類やひじきといった食材です。
根菜類やひじきには豊富な食物繊維が含まれており、消化も良くはないので小腸のGLP-1を分泌する細胞を直接刺激することができます。
そのことによって、GLP-1の分泌を促してダイエットホルモンを出すことができるのです。

 

また、食物繊維は腸をきれいに掃除する役割もあるため、一石二鳥です。

 

 

果物が好きな方には、アボカドをお勧めします。
アボカド一個には約8グラムの食物繊維が含まれているといわれています。
アボカドサラダなどは最高のメニューなので適量を食べましょう。

 

アボカドは食物繊維の多い半面カロリーも高いので、食べ過ぎには注意が必要です。

 

 

 

・EPAを含んだ食物を食べる

 

EPAとは主に青魚の油に含まれているもので、よく血液をサラサラにするということで、動脈硬化や脳梗塞などを予防する働きで知られています。

 

しかしEPAはそれだけでなくGLP-1を分泌する細胞に働きかけてGLP-1を分泌させる働きも持っているのです。
つまりEPAを含んだ食べ物も非常に有効だということです。

 

では青魚ではどれが一番良いのでしょうか?
それはサバです。

 

 

サバは他の青魚よりもEPAを多く含んでおりより多くのGLP-1を分泌させる効果が期待できます。
その中でも特におすすめなのはサバの缶詰です。

 

サバの缶詰はEPAを含む豊富な栄養素が含まれているので、家でサバを調理するより、サバの缶詰を使った簡単レシピでサバをいただいた方がよいでしょう。

 

 

 

まとめ

 

GLP-1のことはお分かりいただけましたでしょうか?

 

GLP-1は誰にでも分泌することができるので、決して体質だからというわけではありません。

 

 

普段の食事の中に食物繊維やEPAを取り入れることによって、無理な食事制限や運動を無理してやる必要はないのです。

 

食物繊維やEPAはどれも簡単に手に入り、毎日の食事にでも加えることができます。
もう単調なダイエット食にはおさらばです。

 

あなたもこのGLP-1の分泌を促して、健康的に楽しくダイエットに励んでみましょう。

 

 

少しでも簡単にダイエットしたい皆様のお役に立てたら嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

1日たったの5分! エステ顔負けの全身「美」痩せ術!
詳しくはこちら
↓ ↓ ↓