この記事は約 4 分で読めます

 

 

 

現代の日本人は、朝食を食べないで昼食や夜に多く食べてしまいがちな傾向にあります。
そのため、栄養バランスはもちろんのこと炭水化物や脂肪分の取り方にも偏りが出ています。

 

このような傾向にある人は、ダイエットには要注意です。

 

それでは、ダイエットではどの様な食生活を送ればいいのでしょうか?

 

 

 

 

朝食をしっかりと取る

 

まずは朝食をしっかりと取ることから始めましょう。
「朝食を取るのは面倒くさい…」「朝食を抜いているのは昨日の食べた分を減らすため」
という方もいらっしゃるかと思いますが、それは見当違いです。

 

ダイエットに大敵なのが朝食を抜くことなのです。
なぜ朝食を取らないとダイエットに良くないのかわかりませんよね。

 

実は朝食を抜くことによって、身体の基礎代謝が上がりづらくなってしまうのです。

 

また、食事の間隔が開きすぎると脳が、「今度はいつ食事がとれるのかわからない」と判断して、エネルギー消費を抑えて、栄養をたくさん吸収しようとする働きが出てくるからなのです。

 

この事によりダイエットには向かない体質へとだんだん変化していってしまうことになります。

 

これでは本末転倒ですから、朝食はしっかりと食べましょう。
朝食にはパンとスクランブルエッグのような洋食より、ご飯を中心とした和食がおススメです。

 

でも、どうしても朝食を準備する事が、面倒な人は、前日にコンビニでパンやおにぎりを一個でもいいので買っておきましょう。

 

できれば、パンより糖分の吸収が穏やかなおにぎりがおススメです。

 

朝食では、炭水化物を取ってもこれから消費しますし、むしろこれから炭水化物が必要になるので是非取るようにしてください。

 

 

 

 

夕食の炭水化物は控えめに!

 

夜は日中活動しただけあって、食欲が一番出るタイミングだと思います。

 

夕食には、ご飯、パン、麺類などを主食にしている方も多いかと思いますが、夕食には避けた方がいい食材です。

 

 

炭水化物の糖分はブドウ糖に変わり人間のエネルギー源となります。
夜は、運動もせずあとは寝るだけなので、ブドウ糖が蓄積されて脂肪として体に蓄積されてしまします。
それが、肥満の始まりなのです。

 

もちろん炭水化物も体には必須の栄養素なので、摂らなくてはいけません。
むしろ、少量なら炭水化物は取った方がいいでしょう。

 

 

炭水化物を避けていると食物繊維が取れなくなってしまいます。

 

ご存知の通り食物繊維には腸の運動を助ける役割があります。
食物繊維を取ることによって、腸の動きを助け、便秘などによる老廃物のため込みを無くす働きがあるのです。

 

ですから、常識のある範囲で食物繊維を取りましょう。

 

「常識の範囲ってどのくらい?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

大体でいいのですが、一日のトータルバランスで炭水化物の摂取コントロールをしましょう。
例えば、昼食にご飯をがっつりと食べ過ぎた場合などは夕食の炭水化物は控えた方がいいでしょう。

 

 

その反対に、朝と昼は野菜中心の食事だったという人は、必要最低限の炭水化物が採れていない可能性が高いので、お茶碗一杯程度のご飯を食べるようにして、必要な食物繊維やブドウ糖の元となる糖質を取るように心がけましょう。

 

わずか3ヶ月で3カップアップに成功!
詳しくはこちら
↓ ↓ ↓

 

まったく炭水化物を取らないとどうなるか?

 

炭水化物の取り過ぎはダイエットにはよくないことがわかりました。

 

では、炭水化物を取らないとどのような悪影響があるのでしょうか?

 

まったく炭水化物を摂らないと糖分が不足して、糖分から分解され生成されるブドウ糖が不足してしまいます。

 

 

人間の脳はブドウ糖でしかエネルギーを摂取することができません。
その為、炭水化物を取らないと頭が働かなくなり、無気力、思考が上手くできない、記憶の能力が落ちるなどして、勉強がはかどらなかったり、仕事のミスにもつながります。

 

さらに、糖質が満腹中枢を刺激するので、糖質をまったく取らないといつもお腹がすいた状態が続きます。

 

そうなると、今度は精神面に影響が出てイライラしたり、集中することができなかったりすることになり怒りっぽくなります。

 

そうなると周囲の人たちにも悪い印象を与えてしまうことになりかねません。

 

こういう面を見ても全食から炭水化物を取らないことがどれだけ悪影響をもたらすかお分かりいただけたかと思います。

 

 

炭水化物は、摂るタイミングや量を間違えてしまうと太る原因となります。
炭水化物は朝か昼の食事だけにして、夜の炭水化物の摂取は禁止にしてしまいましょう。

 

夕食は主に野菜を取るように心がけますが、イモやニンジンなどの根菜類の中にも炭水化物が含まれているので、気を付けましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

炭水化物とダイエットの関係はお分かりいただけましたでしょうか?

 

最近では炭水化物抜きダイエットというものが流行りましたが、半分正解ですが半分間違っています。
炭水化物は必須の栄養素です。

 

これを取らないと脳の働きや美容にまで影響が出てしまいます。
それでは、ダイエットの意味がありません。

 

ダイエットは、食事のトータルバランスが大事なので、炭水化物を取らないということは偏食という肥満の習慣をつけてしまうことにもなります。

 

そのようことにならないためにも、炭水化物を初めとしたさまざまな栄養素をバランスよく摂るようにしましょう。

 

 

ダイエットしない食べて痩せる簡単ダイエット!
詳しくはこちら
↓ ↓ ↓