この記事は約 4 分で読めます

 

 

 

早寝早起きをするだけでダイエットになることを皆さんご存知でしたでしょうか?

 

一見関係のないような話ですが、実際には理にかなった密接な関係があるのです。

 

では、早寝早起きとダイエットの関連性について確認してみましょう。

 

 

 

 

新陳代謝が活発化する

 

早寝早起きを心がけるだけでダイエットにバツグンの効果が発揮できます。

 

「早寝早起きとダイエットの関係がわからない」という方もいらっしゃるかと思います。

 

まず早起きをすると、新陳代謝が良くなることが最近の研究で分かってきています。
朝は人間にとって一番新陳代謝が活発になる時間なのです。

 

 

 

このタイミングで、ストレッチやウォーキングなどの有酸素運動をすることにより、通常の2~3割増しの効果が発揮されるといわれています。

 

早朝のジョギングやウォーキングは本当に理にかなっているのです。

 

逆に朝いつまでも布団の中にいると、この新陳代謝のゴールデンタイムを無駄に過ごすことになり、非常にもったいない結果となるのです。

 

なので、休みの日だからといっていつまでも布団やベッドの中にいてはいけません。
特に運動をしなくてもいいので、早起きを心がけてみましょう。

 

 

 

朝食の時間が取れる

 

次に早起きをすると、朝食を食べる時間が取れます。
当たり前のことですが、これができていない方が本当に多いです。

 

現代の日本人は、朝食を取らずに学校や会社に行くことが多くなりますが、これはよくありません。

 

朝食を抜くことが習慣になるとブドウ糖を唯一のエネルギー源とする脳の働きが悪くなり、勉強や仕事に支障をきたしてしまいます。

 

 

 

また、朝食を抜いているので、その分当然ながら反動で昼食を多く取ってしまいます。

 

食べ過ぎと空腹を繰り返すと腸の働きによって、栄養を過剰に吸収するような体質になってしまう危険性があるでしょう。

 

これではいくらダイエットに励んでも結果にはつながらないので、朝食は必ずきっちりと取るために朝は10分でもいいので早起きしましょう。

 

 

 

セロトニンが分泌される

 

次に早起きでダイエットに効果をもたらすのは、朝の光を浴びることです。
「朝日とダイエット何の関係があるの?」と思いますが、人間が日光を浴びるとセロトニンといわれる脳内伝達物質が分泌されます。

 

このセロトニンは、ダイエットには欠かせない物質でこのセロトニンの働きによって太りにくい体質に体が変化するのです。

 

朝日を浴びるだけでダイエット体質になるのなら、早起きは苦ではなくなると思いませんか?

 

 

休日だからと言ってお昼近くまで寝ていると、このセロトニンは分泌量が少なくなってしまいます。
まさに早起きは三文の得ですね。

 

最初から一時間二時間と早起きしようとするから挫折してしまうのです。

 

これはあなたの意志が弱いと言う事ではありません。

 

少しずつ5分から10分程度でもいいので、ベランダや窓から朝日を浴びてセロトニンの分泌を促しましょう。

 

「曇りや雨の日はダメなのでは?」とあなたは思うでしょうが、その心配はありません。
確かに晴れているときの方が好ましいのですが、曇りや雨の日でも明りに当たると蛍光灯よりも効果があることが実証されています。

 

理由を付けずにとにかく早起きをしましょう。

 

 

 

夜更かしが無くなる

 

最後に早起きがダイエットに効果がある理由が、早く寝てしまうという所にあります。
当たり前ではないかと思いますが、その当たり前ができていない人がダイエットをしなければならない体形になってしまうのです。

 

 

夜遅くまで起きていると、当然その分お腹がすいてきてしまいます。

 

その空腹感を解消するために夜遅くにお菓子や夜食を取ってしまいます。

 

夜寝る前にカロリーを摂取するのはダイエットにとって大きなマイナスであることはお分かりでしょう。

 

また、就寝前の飲食は体を休ませることができなくなるので、熟睡感が得られません。

その為、朝はいつまでも起きられないと悪循環にはまってしまうのです。

 

また22時~2時の間に起きていると体の修復ができなくなって美容にも良くありません。

 

この早寝早起きをするだけでこんなに効果があるのですから、すぐにでも始めましょう。

 

 

 

まとめ

 

早起きとダイエットの関係についてはお分かりいただけたでしょうか?
早起きをするだけで、新陳代謝が活発になり、痩せやすい体質へと変わっていきます。

 

また朝食を取ることによって昼食以降のカロリー摂取の量を減らす事ができるでしょう。
セロトニンは朝の太陽の光を浴びないと分泌が活性化されません。

 

 

 

痩せやすい体質になるためには、早起きが欠かせません。
また、夜のお菓子や夜食を取ることがダイエットにどれだけ影響しているかは言うまでもないでしょう。

 

いきなり、早朝の5時とかに起きようとするから続かないのです。

これはあなたの意志の弱さではなく習慣なのです。

 

習慣は意識して変えていかなければなりませんし、一気に変わる事もできません。

 

早起きするためにも、今日からはいつもよりも早く寝ることをお勧めします。

 

 

少しでも楽して痩せたい皆様のお役に立てたら嬉しいです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

バストアップもダイエットも食事に気を付けることなく同時に出来ます!効果は絶大です!楽して痩せるダイエット!
詳しくはこちら
↓ ↓ ↓