この記事は約 4 分で読めます

 

 

 

ダイエットで運動していても「なかなか体脂肪が減らない…」「もっと早く体脂肪を減らす方法はないのか…」という意見の方が多いかと思います。

 

実は、ある飲み物を飲むことによって脂肪の燃焼を助け、効果的にダイエットをする事ができるのです。

 

その飲み物は身近にあっていつもよく飲んでいらっしゃる方も多いかと思います。

 

それぐらいオーソドックスな飲み物が脂肪の燃焼を助けてくれます。

 

また、腸内環境を整えることによってさらに痩せやすい体質になることが分かってきています。

 

では、脂肪の燃焼を助ける飲み物とは?腸内環境を整えるためにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

 

運動前のコーヒーが有効?

 

実はコーヒーを飲むことによって、脂肪の燃焼が促進されることが分かってきました。

 

コーヒーに含まれているカフェインには脂肪を分解する酵素の働きを活発化させる効果がある事は研究で分かっています。

 

この酵素が働くことによって脂肪が燃えやすい形に分解され運動時に脂肪が燃焼しやすくなるというものです。

 

つまり、運動をする少し前にコーヒーを一杯飲むと効率よく脂肪を燃焼させてダイエットが効果的に行えると言う事になります。
運動の前または外出する前にのコーヒーは非常にダイエットの助けとなるのです。

 

 

通勤、通学、お買い物の前にコーヒーを飲んでおくことで、知らず知らずのうちにダイエット効果が高まってきているのです。

 

インスタントコーヒーでも効果がありますので、手軽にダイエットに取り組む事ができますね。

 

もちろん、コーヒーには砂糖やミルクを入れずに、ブラックで飲んでください。
ブラックコーヒーが苦手という方は、いきなりブラックコーヒーから始めるのではなく、砂糖やミルクを少しずつ減らしていくようにしましょう。

 

また、余り濃すぎず薄めのコーヒーにすると案外と飲みやすいかもしれません。

 

 

しかし、ここで注意点があります。

あまり効果があるからといっても、コーヒーをたくさん飲むことはおススメできません。

 

コーヒーの濃さにもよるのですが、一日3杯の量が適量とされています。

 

それ以上飲むと今度はカフェインの過剰摂取となり体調に支障をきたすの元となりますので、飲み過ぎには注意してください。

 

 

わずか3ヶ月で3カップアップに成功!
詳しくはこちら
↓ ↓ ↓

 

腸の調子を整える

 

腸内環境を整えるのはダイエットにとって必須なことです。

 

腸内の環境が悪いとまず、便秘がちになってしまいます。

 

便秘になると、便だけでなく宿便までたまって本来ならば排出されるべき老廃物が腸内にべっとりと付着して溜まっていってしまいます。

 

そうなると、腸の働きが不活発になり、余分な脂肪などが溜まってしまいます。

 

すると、本来なら体の外に出てしまう排出物から腸は栄養を取り続けて、余分な栄養を吸収してしまいます。

 

 

 

次に腸の働きが悪くなると代謝も悪くなっていきます。

 

腸内の不排物の影響で腸の働きが悪くなり、ほかの消化器系の臓器までもが悪影響を受けて血流が悪くなります。

 

そして、その悪循環で代謝が悪くなり太る体質へと変わっていってしまうのです。

 

 

また、便秘による自律神経のバランスが崩れ食欲が増加する恐れがあります。

 

食欲が増加するともちろんダイエットへの妨げとなるだけでなく、腸内環境がさらに悪化することも考えられます。

 

腸内は常にきれいにするようにしましょう。

 

 

 

ではどのようにして腸内環境を整えればいいのでしょうか?

 

具体的には、まず便秘薬を定期的に飲んで便を出すことから始めましょう。

 

腸内にたまっている排せつ物を出さないことにはダイエットをしても効果が薄れてしまいます。

 

今では、おなかの痛くなりにくい便秘薬などもありますので、一度試してみてください。

 

 

その次に、水分を日頃からこまめにとって便が硬くならないようにすることです。

 

お茶やコーヒーなどをよく飲む方がいらっしゃるかもしれませんが、水分を取る時は出来れば普通の水の方が良いでしょう。

 

コーヒーやお茶はカフェインが入っているので飲める量が限られています。

 

しかし、水ならば極端に飲み過ぎない限り、無害ですのでお水を1日3リットルは飲むようにしましょう。

 

最初から3リットルは難しいので、少しずつ飲む量を増やしていきます。

 

 

そして、やはりおすすめなのが、ヨーグルトなどの乳酸菌入りの食べ物を食べることです。乳酸菌食品はビフィズス菌などの善玉細菌を増やしオリゴ糖を取ることによって、腸内環境を改善してくれます。

 

積極的に乳酸菌食品を取るように心がけましょう。

 

ただし、ヨーグルトなどの乳酸菌食品には糖分が含まれていることがありますので、プレーンヨーグルトなど、糖分が含まれていない食べ物やサプリメントを取ることをおススメします。

 

 

 

 

まとめ

 

コーヒーがダイエットの助けになることを知った方がきっと多いかと思います。

 

手近にあるものなので、出かける前にコーヒーを飲んでおけば、通勤、通学やお買い物がダイエット運動に早変わりします。

 

コーヒーが苦手という方もこれを機にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

もちろん無理は禁物なので、絶対におすすめという訳ではありません。

 

 

 

現代人は、水分補給をすることが減ってきました。

 

その為に便秘に悩む人が多くなってきてしまったのだと思います。

 

しっかりと水分補給をして、腸内に排せつ物が溜まらないようにしましょう。

15~30分間隔で常温の水を少しずつ飲むのが、理想的です。

 

日常に取り入れやすい習慣になるので、ぜひ試してみてください。

 

 

ダイエットしない食べて痩せる簡単ダイエット!
詳しくはこちら
↓ ↓ ↓