この記事は約 3 分で読めます

 

 

 

ダイエットをしたい。だけど、お腹が空くから食事量は減らしたくない…そう思う人は多いと思います。

 

食べることと痩せることは相反するものと誰しも思います。

 

しかし、体重減少に効果的な食べ物を意識して摂取すれば、食べるダイエットは成立します。

 

では、具体的にどのようなものを食べていけばいいのでしょうか。

 

 

 

 

○簡単ダイエット1:まずは食物繊維を含む食材を

 

最近話題になっている腸内環境。実は腸の環境が体の調子を整え、体重にも関わっていることがわかってきています。

 

これは腸内に存在する善玉菌が、ダイエットに効果的な作用をするためです。

 

この善玉菌を増やす栄養素が食物繊維です。食物繊維は豆類や芋類、果物に含まれています。これらを意識して食べるようにすれば、ダイエット効果が期待できるでしょう。

 

また、便秘解消にも効果的です。通常、便は1日1回出るのが正常といわれています。数日に1回であれば、すでに便秘です。

 

食物繊維を食べ、腸内環境を良くすれば、ダイエット効果、そして便秘解消効果が期待できます。

 

 

 

 

○簡単ダイエット2:順番ダイエット

 

食事量を減らさず、ダイエット効果を上げる方法。その1つに順番ダイエットがあげられます。その名の通り、食べ物を食べる順番に気をつけるというものです。

 

体は入ってきた食べ物の順番によって生理反応が異なります。

 

例えば最初に炭水化物が入ってくれば肥満ホルモンと呼ばれるインスリンを多く分泌するようになっています。

 

順番ダイエットではインスリンの分泌を抑えるために、野菜から最初に食べ、そのあと肉や魚などの主菜。そして、最後に炭水化物を食べるようにします。

 

これによって太りにくい体を作ることが期待できます。

 

 

 

 

 

○簡単ダイエット3:白いものを食べないダイエット

 

白いものとは白米や食パンなどです。これらは血糖値を上げやすい食品といわれています。血糖値が上がるということはインスリンの分泌量が多くなる傾向にあり、体は太りやすくなってしまいます。

 

白いものの代わり、つまり白米の代わりに玄米や五穀米。食パンの代わりにライ麦パンなど、茶色の食べ物を食べるようにします。これらは低GI食品と呼ばれ、血糖値上昇が緩やかであるという特徴があります。

 

色のついた食材を意識して食べることで、太りにくい体を作ることができます。

 

体質改善なので、時間はかかりますが、効果のある食べるダイエットといえるでしょう。

 

 

 

 

 

○まとめ

 

「食べたら太る」と思いながら、食事制限や運動を主にしたダイエットをすることはストレスになりますよね。それがダイエットの辛い部分でもあります。

 

そうなのであれば、食べるものを変えてあげることをおすすめします。

 

体は食べたものから作られますから、体に良いものを食べれば痩せることができるでしょう。

 

今の食生活を見直し、食べ物を変えてみてくださいね。

 

 

 

バストアップもダイエットも食事に気を付けることなく同時に出来ました!効果は絶大です!
詳しくはこちら
↓ ↓ ↓