この記事は約 2 分で読めます

 

 

 

ダイエットにおいて最もキツイことといえば、「食欲を我慢する」ということですよね。

 

運動だけで痩せるというのは至難の業ですから、ダイエットというとやはり食べる量を減らしたり、低カロリーの特定の食材をメインに使うなどの方法が必要になってきます。

 

でも実際、食べないと確かに痩せますが、確実にリバウンドの可能性は高くなりますし、ストレスもものすごいことになります。

 

 

 

健康に興味がある人であれば「ストレスが溜まると体内に活性酸素が増えてしまう」という事実はご存知だと思います。

 

活性酸素が増えると様々な病気を引き起こすリスクは高まりますし、シミやシワの原因になってしまうなど美容にも様々な影響があります。

 

ですからダイエットにおいては、健康のためにも美容のためにも、「食べて痩せる」ということが大事になってきます。

 

 

 

ダイエットに失敗する人の共通点というのは、間食が多いということだと思います。でも、しっかり食事をとることで間食をしなくても良くなるのです。

 

私自身も、間食をとるのは基本的に1日1回。昼食後にブラックコーヒーと一緒にチョコレートを少しつまむ程度です。それだけで十分満足できるのです。

 

そのポイントとしては、3食、特に朝と昼をしっかりと食べるということです。

 

夕食を多少軽めにしてもあとは寝るだけなので、よほど夜食抜きなど極端な食事制限でなければ空腹になりすぎることはありません。

 

でも、朝食や昼食を軽くしすぎると、確実に次の食事までの間にお腹がすいてしまい、間食をしてしまうことにつながります。

 

ですので、朝食や昼食を食べた後は「物足りない」という気持ちがないくらいまで食べる、ということを意識しています。

 

私がポイントとしていることは、野菜などの低カロリー食材をたっぷりと食べるということ。

 

そして脂も抜きすぎずす、きちんと摂取することです。

 

この2点を気をつけると、食欲が満たされるので間食をせずに済みます。また、便秘にもなりくくなります。

 

 

 

あとは、炭水化物を控えめにしてたんぱく質をたっぷりと食べるということですね。特に筋トレをする場合にはたんぱく質は筋肉をつくるのに必要ですから欠かせません。

 

ダイエットに良い食材というと鶏ささみが思い浮かびますが、鶏ささみは低カロリーでたんぱく質豊富なので確かにダイエットに適した食材です。

 

ささみをゆでて塩もみしたキャベツとあえるサラダなどもダイエットにぴったりです。是非試してみてくださいね。

 

 

ダイエットしない食べて痩せるダイエット!
詳しくはこちら
↓ ↓ ↓