この記事は約 2 分で読めます

 

 

 

ダイエット中はカロリー制限のために、どうしても食事制限が必要になってしまいます。

 

しかし、過度な食事制限が続くと、体調を崩しやすくなったり、ストレスが増えてしまいます。

 

さらにそれが続くと、食べないことに耐えられなくなり、ダイエットに挫折して、反動で食べ過ぎてリバウンドしてしまうこともあります。

 

 

 

無理なくダイエットを成功させるためには、きちんと食事を取っていくことが必要です。

 

極度に栄養不足になってしまうと、痩せる前に体調を崩して病気になってしまうかもしれません。

 

 

ダイエットは健康的に痩せることが第一条件です。

 

不健康な体になってまで痩せることは非常に危険ですので避けるようにしましょう。

 

 

 

早寝早起きで強制的に食事の取り方を変える

 

食事は食べ方によってエネルギー消費量が大きく変わってきます。

 

特に活動時間帯の朝や昼はしっかり食べたいものです。

 

その分、活動が減る夕食は量を減らすようにします。

 

特に夜更かしをすると、夜中にお腹が空いてしまい、ついつい夜食をしてしまいがちです。

 

夜食は太りやすいので、特にダイエット中は食べないように気をつけたいものです。

 

 

 

ダイエットに成功するためには、早寝早起きを行うようにしたいものです。

 

早寝早起きをすれば、必然的に夕食を軽めに食べるようになりますし、夜食は睡眠中などで食べることはありません。

 

夕食をお腹いっぱいになるまで食べると、その後の睡眠に悪影響を与えてしまいます。

 

消化に時間がかかると、その分快適な睡眠がしにくくなり、睡眠の質が下がってしまいます。

 

 

快適な睡眠ができないと、十分な睡眠時間を取っても、睡眠不足になってしまいます。

 

睡眠不足も夜更かしと同じで、空腹を感じやすくなります。

 

体の方が必要に上にエネルギーを欲しがるようになってしまいます。

 

それを避けるためにも、夜更かしは避け、十分な睡眠を取ることが必要です。

 

 

 

鍋は食べて痩せるダイエットに効果的

 

冬は食べ物がおいしい季節です。

 

動かずに食べてばかりいると、どうしても太りやすくなってしまいます。

 

しかし、食べるものを変えることで、食べても痩せる効果が期待できます。

 

 

 

野菜を中心とした食事を取るようにしたいものです。

 

野菜をたっぷり取れる食事として、鍋がお勧めです。

 

冬は寒いので、身体を温めるために温かい汁ものが嬉しいものです。

 

鍋に野菜やキノコ、海藻類などを中心に、低カロリーで高タンパクなたんぱく質を加えることによって、ヘルシーで美味しい食事になりますし、お腹も満足できます。

 

スープの味付けを濃くすると、塩分の取り過ぎになってしまいます。

 

酸味や辛味などで上手にカロリーを調整すると良いでしょう。

 

 

少しでも簡単にダイエットしたい皆様のお役に立てたら嬉しいです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。