この記事は約 2 分で読めます

 

 

 

キャベツといえば、食物繊維が豊富な野菜として知られていますね。

 

食物繊維はお通じを良くするためにも役立ちます。

 

お通じが良くなるということは、ダイエットにも向いてる食材であるということが分かります。

 

ですが、食べすぎには要注意です。

 

また、調理方法もマンネリ化しないように注意する必要があります。

 

 

 

一番簡単なのは、千切りキャベツですが、それ以外にもポトフや炒め料理などキャベツを使ったレシピは豊富にあります。

 

最近は、料理のレシピがネットから簡単に入手することができるようになったので、レパートリーは広がるはず・・

 

そんなキャベツですが、消化はあまり良くない食べ物であるということが分かっています。

 

ですから、キャベツとの食べ合わせについて考えていく必要がるのです。

 

 

 

 

適度な水分を取るためには、生キャベツではなく、温キャベツを食べるという方法もありますね。

 

カロリーも糖質も低いのでダイエット中でも安心です。

 

できれば味付け無しの茹でキャベツを食べると良いでしょう。

 

そのままキャベツだけを食べるのではなく、お魚のムニエルなどに添えると無理なく食べられます。

 

 

 

キャベツと相性の良い食べ物には、トマト・グレープフルーツなどがあります。

 

グレープフルーツも食物繊維が多い上、低糖で低カロリー、そしてビタミンCも豊富で水分量も多いためキャベツとの相性は抜群です。

 

また、浮腫みに効果的な「カリウム」が含まれているのです。

 

「ダイエットが思うように行かない」という人の中には浮腫み太りが原因の人も多いため、ダイエットにはおススメです。

 

 

 

 

そして、トマトにもカリウムが含まれています。

 

カリウムが利尿作用を促進し、体内の余分な水分を排出してくれることによって、浮腫みが解消され見た目もスッキリと見えるというわけです。

 

このように、キャベツを中心として、その組み合わせとなる野菜や果物を選ぶことによって、ダイエット効果が高まるのです。

 

むやみやたらに、キャベツだけを食べるのではなく、毎日の食卓を楽しめる工夫をしたいものですね。

 

お子さんやご主人の食事を一緒に作る場合においても、キャベツなら誰もが抵抗なく食べられるはず・・

 

 

 

癖の無いキャベツだからこそ、色々な食べ方を楽しめるのです。

 

便通が良くなれば、お腹周りもスッキリしますし、満腹感が得られるため暴飲暴食を防ぐという役割も担ってくれるのです。

 

このように考えると、キャベツはダイエットに、最適な野菜だということが分かります。

 

 

少しでも簡単にダイエットしたい皆様のお役に立てたら嬉しいです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。