この記事は約 2 分で読めます

 

 

 

テレビを見ていたら、お気に入りの芸能人もやっているダイエット方法や本屋で見かけたダイエット本、そして友人がこれで痩せたという方法などダイエットしたい方には参考になるものが周りにあふれています。

 

しかし、大事なのは貴女が痩せられる方法であって、他人のダイエット方法が参考になるかどうかは別問題です。

 

簡単に痩せられるかどうかは、あなたに合ったやり方が大事になってくるのです。

 

もちろん、他人が痩せた方法でも成功するかもしれませんが、それは運の要素が絡んできますから、参考程度にとどめておきましょう。

 

 

 

例えば、ダイエットといえばきっちりカロリー計算をして、無駄な食事や間食はせず栄養バランスも考えてきちんと体重のコントロールする方法は万人に効果的です。

 

ただし、前提条件としてめんどくさがり屋さんや、食事を作る事をしない人等、うまくいかない場合があります。

 

この前提をもとに、家計簿は必ずつけているだとか毎日ブログを書いているとか、普段から料理を作る時、料理本に決められた分量を測ってやっている人には良い方法でしょう。

 

こういう人は、計画的に痩せられ尚且つ健康にプラスになる事が期待できます。

 

但し、その場合には急激に書いてある本のカロリー数に合わせることなく、徐々に理想の数値にあわせると、より一層の効果と楽して痩せる事が可能です。

 

 

 

体を動かすのが好きなら、やはり運動を含めたダイエットがお勧めになります。

 

しかし注意しなければいけないのが、体を動かすとお腹が減るということです。

 

ついつい運動の後に、喉が渇いて甘いジュースを飲んだり、お腹がすいて、ついつい食事をしたばかりなのに間食をしてしまったり、食事の量を増やしては逆効果になります。

 

食欲が急激に上がらないように、また沢山の食事をとらないように、バランスの取れた食事と運動を心掛ける必要があります。

 

運動で消費したカロリーより少なめに取れば楽に痩せるダイエット方法になります。

 

 

 

最後に、標準体重より太っていたり健康に支障が出てきている場合の人の場合ですが、ダイエットの初期段階には運動より食べる量を減らす方が楽です。

 

ある程度体重を落とすには総カロリーを早く減らさなければなりません。

 

しかし長く続けると辛くなってきて効果も薄くなるので、ある段階から運動して食事制限を少し緩めにしましょう。

 

そうするとある期間さえ我慢すれば楽に体重を落とすことができます。気を付けるのは、ある程度体重を落としたところで現状維持を長期間続けることです。

 

体重が普通の人よりオーバーしている場合は長い年月をかけて太っているという事がほとんどなので、ある程度の月日をかけてより理想の体重に戻すという事が必要なのです。

 

 

バストアップもダイエットも食事に気を付けることなく同時に出来ました!効果絶大です!
詳しくはこちら
↓ ↓ ↓