この記事は約 3 分で読めます

バストアップ

 

 

簡単ダイエットしながらバストアップする際に「1つずつ試していると効果が薄いのでは?」と思いました。

 

そこで、バストアップに良さそうなことは全部試してみることにしました。いわゆる総合アプローチで体質改善ということです。

 

 

簡単ダイエットをしつつ、バストも小さくならないように、むしろ大きくなるようにするためにやったのは、マッサージ、エクササイズ、食事の見直しなど色々あります。

ナイトブラを使うなんていうのもやってみました。

 

 

マッサージでリンパの流れを改善

 

とにかく即効性が欲しかったので、バストアップマッサージをやりました。

 

胸に刺激を与えてリンパの流れを良くするようにしました。左右対称になるようにマッサージしようと思っていたのですが、気づくと利き手の右手でできる左胸のマッサージばかりしていました。

 

 

胸のあたりをちょっと痛いくらいに押し込んで、お肉が余っていた脇の下やお腹から胸に脂肪が移動するような感じで動かしました。

 

もともと冷え性だったのですが、バストアップマッサージをするようになってからは体の真ん中あたりがほんわりと温かくなるようになった気がしました。

 

もしかしたらリンパの流れが改善したおかげかもしれません。バストマッサージをしたおかげで、大胸筋と小胸筋の筋肉の大切さもわかりました。

 

 

あと、脇はかなり揉みました。「脇の下はリンパの通り道だからマッサージすると健康に良い」ということを前に聞いたことがあったので、脇の下は以前からマッサージしていました。

 

バストアップにも効果が期待できると聞いてからは、お風呂の中で筋肉が柔らかなくなったときを狙って念入りにマッサージをしました。

 

 

合掌ポーズでエクササイズ

 

筋肉の大切さがわかったところで、バストアップエクササイズにも励みました。

 

合掌のポーズをして左右の手を押し合うやつです。これは張りのある胸に効果的ということでやりました。

 

 

この合掌エクササイズは個人的にかなりお気に入りです。やっていると肩の凝りがほぐれるような気がするし、肩甲骨のあたりがホカホカしてきて気持ちいいからです。

 

バストアップのためのエクササイズは色々ありますが、合掌ポーズは座りながらでもできるのがいいですね。仕事の合間にもできます。

 

 

ナイトブラで垂れバストを防ぐ

 

短期間ダイエット&バストアップに取り組む前までは、寝ている間にブラはつけていませんでした。締め付けられるのが嫌だったので、日中だけつけていました。

 

 

しかし、ネットでバストアップを調べていると「バストアップには夜のバストの状態も大切」ということがかかれてあったので「夜の対策もしないと」と思ってナイトブラをつけるようになりました。

 

私は寝るときに横向きで寝るので、ブラをつけていないと横向きにだらりとバストが垂れてしまっていたと思います。ナイトブラのおかげでこれが防げました。

 

 

女性ホルモンを増やす食事

 

あと注意したのが食事です。女性ホルモンのエストロゲンを増やすために、大豆製品を積極的に食べるようにしました。

 

味噌汁に豆腐を入れて、納豆を食べるなどかなり大豆三昧でした。飲み物は豆乳です。

 

大豆ばかりだと飽きるかと思いましたが、もともと全部好きな食べ物だったので飽きずに続けられました。

 

総合的にアプローチした結果、以前食事だけ注意した時よりも胸に張りが出ました。

 

 

まとめ

 

バストアップマッサージとエクササイズをしつつ、ナイトブラを着用して食事は女性ホルモンの分泌を増やすようにしました。

 

運動もしましたし、食事も大豆製品中心でヘルシーにしたおかげで体重が1ヶ月で5kg落ちました。

 

以前は胸が痩せて寂しい状態になってしまいましたが、バストアップにも気を使ったおかげで胸が縮むどころか、サイズアップしました。

 

 

総合的なアプローチをすると、1つだけのバストアップ方法を試すよりも、明らかに効果が早く出ると思います。

 

少しでも簡単にバストアップしたい皆様のお役に立てたら嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

バストアップもダイエットも食事に気を付けることなく同時に出来ます!