この記事は約 4 分で読めます

バストアップ

 

 

バストアップとは文字通りバストのカップをより大きくすることです。

 

そして、バストアップの達成は姿勢をよくすることも方法の1つです。

 

 

というのも、バストアップのカギを握っているのは背中の筋肉だからです。

逆に下を向きがちな、いわゆる猫背の姿勢でいると背中の筋肉は固まるうえ、血行も悪くなってしまい、バストアップの妨げになってしまいます。

 

また、背中がきちんと伸びたほうがバストも美しく見えるものです。

 

 

そこで、よい姿勢をとることがバストアップの重要な条件となってきます。

 

特にデスクワークなどのように猫背になりがちな人は注意が必要ですが、例えば休み時間などの空き時間でも可能なストレッチを行うことでそれを和らげることができます。

 

この記事ではそれらをご紹介していきますので、ぜひ活用してみてください。

 

 

壁を使った矯正法

 

まずは、姿勢の現在の状態をチェックする意味合いも兼ねて壁に頭、肩、お尻、そしてかかとを付けた状態で立ってみましょう。

 

この時にチェックしてほしい項目があります。

それは、後頭部が壁についていないかどうか、あごが上がって上を向いてしまうかどうか、腰が痛むかどうか、腰と壁との間に手のひら2枚分以上の隙間ができているかどうか、ふくらはぎが張るかどうか、前に倒れそうになるかどうか、という点です。

 

 

これらのチェックポイントであてはまる点があれば猫背の可能性がありますので、もし自分が当てはまりそうであればすぐに矯正のためのトレーニングに取り掛かりましょう。

 

チェックしてみて何も異常がなければ、この状態を5分間キープしてください。

 

なお、壁のない場所であれば、耳、肩、骨盤、ひざ、かかとが一直線になっていることを意識しつつ立つようにしてください。

 

この状態こそが正しい姿勢の状態であり、バストアップへの第1歩となるのです。

 

動画:

 

 

わずか3ヶ月で3カップアップに成功!
詳しくはこちら
↓ ↓ ↓

 

 

正しい姿勢で歩いてみる

 

正しい姿勢で立つことができるようになったら、次の段階としてその姿勢を維持しつつ歩いてみましょう。

 

 

ここでは、あとに載せる動画にあわせてスニーカーやローヒールで歩く場合をサンプルに説明していきます。

 

ポイントは2つで、1つはかかとから地面に足をつけること、もう1つは後ろ足を使ってきちんと前に踏み出すことです。
そして、歩き出す前にかかとに全体重を乗せた状態で立っていることです。

 

 

歩き出した後は最初の足を踏み出した時に、かかとをしっかりと地面につけます(このときつま先はまだ地面につけないようにしてください)。

そのあとに後ろ足を前に大きく踏み出すとともに全体重を前にシフトさせます。このとき、片足に全体重が乗っているように意識してください。

 

この繰り返しで正しい姿勢を保ったまま歩いていくことができるのですが、より女性らしさが見えるようにするには、歩いている間に膝とひざとをこすり合わせるようにして歩くとよいでしょう。

 

さらに、歩いている間に上半身がさがらないように、腹筋と背筋をうまく使って体を支えるのがコツです。

 

 

ちなみにハイヒールで歩く場合は、つま先をなるべく上げないようにして、ひざをまっすぐ伸ばし、かつつま先から地面につけるという方法で歩くのがポイントです。

 

動画:

 

 

 

正しい座り方

 

さて、ここでは正しい座り方についてみていきましょう。

 

先ほども触れたように、デスクワークなどで姿勢が猫背になってしまい、そのためにバストアップしにくい状態になってしまうことも多いものです。

 

そこで普段から座り方を意識してみることで、猫背を改善し、それがバストアップにつながるというようになるものです。

 

 

 

ここでは丹田座りと呼ばれる方法を紹介します。

 

この丹田座りですが、ちょうど戦国武将が陣の中で大きく開脚してどっしり構えて座っているというイメージです。

 

まずはこのイメージのようになるように一度足を大胆に開いて座ります。

 

そのあと、一度腰をそらして背筋をまっすぐ伸ばし、その状態から少し背中から腰の力を抜いて、徐々に緩めていきます。

 

緩めていくと、下腹部に力を入れる瞬間がやってきて、骨盤が立っている感覚を感じ、かつ腿から膝の角度が90度となる状態となりますので、この状態を意識できたところで足をゆっくりと閉じていきます。

 

ちなみに「丹田」とは、へその少し下(大体10㎝くらい下)で腹筋の奥の部位で、ここから気=エネルギーが集まるところといわれている場所です。

 

動画:

 

 

 

まとめ

 

バストアップに必要な姿勢の正し方についてみてきました。

 

 

デスクワークの機会が以前よりも増えた現在、長時間デスクに向かって仕事をした結果、姿勢が悪くなり血行が悪くなるということもざらにある話です。

そのために、バストアップの妨げの大きな原因ともなっています。

 

一方で、バストアップは上向きのほうが見た目もよく、姿勢を改善できれば実際にバストも大きくすることができるというものです。

 

 

バストアップを望むのであれば、これを機に自分の姿勢を正してみるのも手です。

バストアップを望むにせよしないにせよ、姿勢が悪いといいことはありませんので、よい機会ではないでしょうか。

 

少しでもバストアップしたい皆様のお役に立てたら嬉しいです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

バストアップもダイエットも食事に気を付けることなく同時に出来ました!効果絶大です!
詳しくはこちら
↓ ↓ ↓