この記事は約 2 分で読めます

 

 

 

お腹の脂肪を取るためには、食生活を改善するとともに誰でも簡単にできる、お腹痩せのエクササイズを行うと、大変効果が上がります。

 

お腹の脂肪を取るためのエクササイズは、自分が最も習慣として行いやすい時間帯を選ぶことが良いといわれています。

 

自分にとって無理なく続けられそうな時間帯、たとえば寝る前や朝起きたときなどを選ぶといいでしょう。

 

 

 

お腹の脂肪を取るエクササイズで効果的なのは、みぞおちを引き締める運動で、ひざを立てて寝て肩幅くらいに足を開き、腹筋する要領で背中を丸めながら上体を少し起こします。

 

お腹の脂肪を減らすエクササイズとして効果を上げるには、上体を持ち上げるときに肩甲骨が床から離れるくらいにするといいでしょう。

 

下腹の脂肪を減らすための運動もあり、これもエクササイズとして効果があります。

 

仰向けに寝て、頭と曲げた足を少し浮かして、その足をまっすぐにのばすという運動ですが、かかとを床に付けず、きりきりのところで止めるのがポイントです。

 

体が動きそうになったら腕で床を押さえて、息は吐きながらゆっくりと繰り返します。

 

 

 

わき腹の脂肪を減らすエクササイズもありますが、お腹の脂肪を減らすエクササイズと一緒に行うと効果的です。

 

体を横にして足と肩ひじで体を支え、腰と上体を浮かして静止させるのが、わき腹の脂肪を取るエクササイズです。

 

わき腹を浮かしたとき、反らないようにと力を入れてまっすぐにさせることで、わき腹の脂肪燃焼はより活発になります。

 

 

 

こんなお腹の脂肪を取るエクササイズは、家の中で簡単にできるものばかりなので、毎日すぐに取り入れることができるのではないでしょうか。

 

 

ダイエットしない食べて痩せるダイエット!
詳しくはこちら
↓ ↓ ↓