この記事は約 2 分で読めます

 

 

 

お腹に脂肪がついたぽっこりお腹にはいろいろなタイプがありますが、まずは自分に該当するタイプを知ることが効果的なお腹やせの第一歩です。

 

まず手足が細く痩せているタイプなのにお腹だけがぽっこりとしているのは、エネルギー不足によるものが原因といえます。

 

これは基礎代謝が減少しているためで、普通に食べていても脂肪が燃焼しきれない状態なのです。

 

さらに腹圧が低くなり内臓を外から抑える力が弱まってしまうため下腹部がぽこっと出てしまいます。

 

 

 

次はお腹の脂肪がプヨプヨとしていてつまめる皮下脂肪型で、これは消費カロリーより摂取カロリーのほうが多い食べすぎのタイプです。

 

いわゆる三段腹は、この積み重ねが皮下脂肪を体に溜めこむことになりに成長してしまった状態です。

 

どうみてもほっそりしているようなのに、なぜかお腹だけが出ているような印象の人は、姿勢の悪さが要因ということもあり、これは腹筋力の弱さが原因しています。

 

内臓脂肪がお腹の中に詰まっていると、内側からお腹を膨らませるような形になるのですが、これが内臓脂肪の出っ張り型です。

 

中年の男性にありがちな体形です。

 

 

 

 

体脂肪が多い人の体形が崩れ手しまう場合が肥満型というのですが、こういう人はほとんどの場合がお腹だけではなく体全体に脂肪がついています。

 

以上のように、ぽっこりお腹には、脂肪のつき方から原因まで種類も様々あります。

それぞれのタイプにあわせて、対策も一つ一つ考えることが大切といえるでしょう。

 

 

 

バストアップもダイエットも食事に気を付けることなく同時に出来ました!効果絶大です!
詳しくはこちら
↓ ↓ ↓