この記事は約 1 分で読めます

 

 

 

ダイエットを食事制限によって成功させるためには、基礎代謝をあげることがポイントです。

 

基本的に、筋肉を増量することによって、基礎代謝は向上します。

 

その時点での身長や体重より、筋肉の量の方がダイエットのペースに関係しているといいます。

 

筋肉の量を増やすことが、ダイエットを簡単にする近道といえます。

 

 

 

食事制限によるダイエットでは、脂肪だけでなく筋肉も一緒に落ちるため、基礎代謝も一緒に落ちてしまいます。

 

筋肉が少なくなると体重も減るので、その時はダイエットがうまくいったようにも見えますが、代謝が低いとダイエットはスムーズにいきません。

 

ダイエット中に起きる停滞期とは、このような代謝の急激な低下によって発生することです。

 

体重が減らないだけでなく、代謝が下がって逆に体重が増えやすくなってしまうこともあります。

 

 

 

停滞期をクリアするために必要なことは、食事制限で筋肉が減ることのないようにし、新陳代謝の高さをキープすることなのです。

 

代謝の高い体を保つため、運動不足に陥らないように気をつけておくことです。

 

ダイエットが簡単にできる体を作るには、代謝の活発な体であり続けるために何をすべきかをよく考えましょう。

 

毎日の適度な運動は、簡単なダイエットの基本となると考えられるのです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。